配線器具を安全に使用するために覚えておきたいこと

配線器具を安全に使用するために覚えておきたいこと

現代には、デスクトップPCやノートPC、スマートフォン、タブレット端末をはじめとした便利な電子機器が増えました。
そして、住宅やオフィスには、このほかにもエアコンや空調機器、冷蔵庫、電子レンジなど、電気を必要とする家電機器も多く設置されています。
そこで大切になるアイテムというのが、今回ご紹介するスイッチやコンセント、プレート、OAタップなどの「配線器具」です。
コンセントの場所がイマイチで不便だと感じたときや、電気を使う機器を増やしたことでコンセントの数が足りないというときには、
配線器具を効果的に使うことでより使い勝手を良くして、暮らしやすくするための工夫を取り入れることができます。
このように、場所や目的を考えながら便利に使える配線器具ですが、使い方や導入の仕方を誤ると家庭内事故につながる、トラブルが起こる可能性があるため、
それぞれの配線器具をより「安心・安全」に使うためには以下のようなポイントを覚えておくと安心です。
 
コンセント付近のホコリに注意!
配線器具のうち、電気を使うために必要となるものが「コンセント」です。
コンセントがなければ、電子機器や電化製品のプラグを差し込み電力の供給を受けることもできません。
だからこそ、家を建てるときやオフィスのリノベーション、さらには店舗の改装などをするときには電気工事会社に依頼して、
より便利な場所にコンセントを設置してもらう、または設置し直してもらう必要があります。
 
■コンセント付近に溜まるホコリのリスク
コンセントの差込口は、普段からよく使う箇所であれば手の届きやすい場所に設置されていることが多いのですが、
人目に触れたくない、プラグを差す、抜くといった行為をあまり繰り返さないという場合には、室内の隅っこにコンセントが設置されていることがあります。
こういった時に気を付けたいのが、「コンセント付近に溜まるホコリ」です。
毎日掃除をしていても、隠れて見えないようになっているコンセントの周りにはホコリが溜まりやすいですし、
OAタップなどが複雑に絡み合ったタコ足配線状態になっているとよりホコリが溜まりやすくなります。
コンセント付近に溜まるホコリのリスクは、何といっても「火災の危険性がある」ということです。
梅雨や冬の時期などは、ホコリが湿気を帯びやすいと言われていますが、この状態でトラッキング現象を起こすと電源プラグがショートしていまい、
結果的に発煙や発火という現象を引き起こし火災という恐ろしい事故を引き起こしてしまうのです。
そのため、コンセント付近にはホコリが溜まらないようによく掃除する必要がありますし、ホコリが溜まりそうな場所にはタコ足配線をしない、
OAタップをあまり付けないといった工夫が必要です。



  橿原 不動産